今週のレース 今週のおすすめ情報元 過去のレース 掲示板 的中実績
ポケうまコラム
平山真紀
2021-09-26

毎週日曜日は活躍する女性騎手たち!

最近、競馬の世界でも女性騎手の活躍が目立ってきています。
そこで女性騎手の一人、平山真紀さんをご紹介します。

<プロフィール>

1980年7月9日生まれ、千葉県出身の41歳。
小さい頃から牧場で育ったため、動物が身近な存在だった平山騎手。
物心がついたころから馬に乗せてもらっていたこともあり特に馬が好きだったそうです。

普段の生活に馬が溶け込んでいたので、騎手になることはごくごく自然な夢として16歳の頃に千葉県から旧浦和市に来ました。

2000年に地方競馬免許を取得し、一ノ瀬司厩舎からデビュー。
同年4月17日に浦和競馬第4競走にてチャーミングモネで初騎乗し惜しくも4着
。初勝利は同年5月同じく浦和競馬で3番人気ドウカンパッサーに騎乗して達成。

その後廣瀬厩舎、松坂厩舎、桑田厩舎、牛房厩舎と所属を変えながら、2011年に調教師試験に合格。現在は調教師として活躍しています。
調教師としての初出走・初勝利は2011年8月8日。
浦和競馬にてジュピタービギンが達成。管理馬初出走・初勝利は女性騎手としては史上初の快挙として話題になりました。

<普段はどんな人>

現在は調教師として活躍している平山騎手。
なんと普段は朝の2時起きだそう。本人も朝ではなく深夜ですね(笑)と冗談交じりに語っています。
小さい頃から馬が身近にいる環境で育った平山騎手にとっては当たり前の生活なのかもしれませんね。

そんなハードな生活の中でも、手が空いた際には厩舎スタッフの手伝いまで行っているという平山騎手。平山騎手の優しい性格を表すようなエピソードですね。

馬だけでなく、家では犬も飼っているという平山騎手ですが、今何をしたいのか?何が欲しいのか?が何となく感覚で分かってしまうそう。
競走馬に対してもこの感覚を大切にしていて、ストレスを取り除くことを意識しながら世話している、心から優しい方です。

<印象に残ったレース>

現在は調教師として活躍している平山騎手ですが、やはり管理馬初出走・初勝利を飾った2011年のジュピタービギンのレースが印象に残るのではないでしょうか。
一見するとあまり珍しくなさそうな記録ですが、実は女性調教師としては初の記録。

怖がりな面があることからじっくりと育ててきた努力が実を結んだレースとなりました。
調教師になる際には「騎手として叶えられなかった夢を調教師として叶えていきたい」と語っていた平山騎手。これからどんな夢を叶えてくれるのか楽しみですね。

平山真紀騎手の紹介はこちら

自信があるから無料提供!
今週の競馬はお任せください。

ユーザー高評価サイト